ブラジルの太陽光発電設備容量が3GWに到達

- Mar 23, 2020-

ブラジルのNational Power System Operator(ONS)は、大規模太陽光発電所の累積容量が2024年までに4,200 MWに達すると予測しており、電力構造全体の2.4%を占めると予測されています。


現在、地元の太陽光発電設備の総容量は2600 MWであり、エネルギー構造の1.5%を占めています。 ONSのゼネラルマネージャーであるLuons Eduardo Barata氏は、今年の終わりまでに、この国の集中型発電所の容量は3,000 MWに達すると予想されていると語った。


ソーラー、風力、バッテリーのエネルギー貯蔵を組み合わせたハイブリッド電力システムプロジェクトはまだ国で実施されていないが、この状況は近い将来変化すると指摘した。


最近、ブラジルの電力セクター規制当局であるアニールは、ブラジルの分散型太陽光発電(DG)の設置容量が2.3 GWを超え、合計200,942のシステムがグリッドに接続されていると発表しました。


編集者:キコ・リー

メール:kiko@wanhos.com