スウェーデンで698MWの太陽光発電を導入

- Apr 01, 2020-

スウェーデンのエネルギー機関Energimyndighetenが発表した統計によると、スウェーデンの太陽光発電設備は、2018年末の411 MWから2019年の698 MWに増加しました。


図は、2019年がスウェーデンの太陽光発電にとって最高の年であり、太陽光発電グリッド接続発電が287 MWに達することを示しています。 最初の4年間でそれぞれ91MW、13MW、37.6MW、36.2MWを接続した後、2018年にスウェーデンの住宅および商用太陽光発電の設備容量は180MWに達します。


スウェーデンには現在約44,000の太陽光発電アレイがあり、昨年は約19,000の増加です。 エージェンシーは、太陽光発電設備容量の大部分は20キロワットを超えず、1メガワットを超える容量のプロジェクトは比較的まれであると述べました。


昨年9月、スウェーデン政府は2019年に住宅用および商業用太陽光リベートの予算を7億3600万クローネから12億クローネに引き上げました。 ソーラーモジュールの価格が下がり続け、2019年の最初の税還付予算がSEK 915百万増加したため、スウェーデンがCovid-19を制御できる場合、2020年はスウェーデンの太陽エネルギーにとって記録的な年になります。


編集者:キコ・リー

メール:kiko@wanhos.com